エアバックのしくみ

エアバックは乗員が重大な傷害を負うおそれのある、正面からの強い衝撃に対して、作動するように設定されています


仕組みとしては、内部に加速度センサーがついていて、一定以上の衝撃を検出すると内蔵する火薬を発火、爆風によりバックを膨らませる仕掛けです



例えば、固定壁に時速20~30Km以上の速度で正面から衝突した時と同程度の衝撃を受けた場合、停止している同クラスの車に時速40~60Kmで正面から衝突した場合、など。


また、縁石に衝突したり、転落やジャンプしたときの着地時など、車の損傷はそれほどでもないのに、車体下部(センサー付近)を激しくぶつけた場合にもエアバックが作動する場合があります。


moblog_424d3a3a.jpg



燃焼ガスの膨張により0.03~0.5秒という高速で開くため、摩擦で腕や顔にスリ傷を負うおそれや、開いた直後、急速に燃焼ガスを抜くことで衝撃を吸収するため、火傷を負うことも・・・・


また、一度膨らませると元には戻せないので、ユニット毎交換となってしまいます




スポンサーサイト



タイヤが黒いわけ

これだけ車がカラフルになったというのに、タイヤはなぜ黒しかないのでしょう
車はもちろん、自転車や飛行機のタイヤも、ほとんど黒しかありません


路面とのグリップの良さから、タイヤはゴムで出来ていますがで、紫外線による亀裂や摩擦に耐える力が不十分なため、ゴムだけではすぐにボロボロになってしまいます


そこで補強剤として、ゴムの2分の1の量のカーボンブラックという黒い物質、炭素の粉を混ぜているのです


カーボンを加える事によりゴムの分子の結合が強まり、強度が飛躍的にアップするためです


カーボンブラック添加のゴムに他の着色剤をいれても、カーボンの黒い色は非常に強く、他の色は負けてしまうそうです。





moblog_3a553a30.jpg

バイク用のカラータイヤは発売されています
価格は通常の倍!!


moblog_61b8cbba.jpg
モーターショーなどではカラータイヤも使われています







リーフの電気代は?

moblog_4a52b942.jpg

今週末にはもう7月に入りますが、今年の夏は『節電の夏』ということで節電しながら日本の暑い夏をどうやって乗り切るか、テレビでは連日その話題ばかりですね


日産からは電気自動車『リーフ』が発売されていますが、この『リーフ』の実際のところの一ヶ月の電気代は?というツイートでは、一番走行している人の例で、1704Km走行した電気料金が1396.35円、だったそうです

ガソリン車と比べれば、圧倒的に燃料費が安いですね


深夜電力契約形態をとらない普通充電では、最大でおよそ2円/Km。
深夜電力形態をとる場合ではおおよそ0.8円/Km。

電力の契約の違いで充電にかかるコストに2倍の差があるようです


でも、燃料費が安く済んでも、リーフ自体が高いですよね





車好きなクモ

アメリカで昆虫のクモが車の燃料系装置に巣をはったために、マツダがリコールを届け出ました。

今度はホンダでも、乗用車の燃料タンクの通気管に、「イエローサックスパイダー」というクモが巣をはるトラブルが見つかったそうです



蒸気通気管にクモが巣をはると、空気の通りが悪くなる恐れがあります


通気管は燃料タンクから出る排気の清浄装置に通じており、管が詰まると燃料タンクに空気が入りにくくなってタンク内の空気圧が低下、そしてタンクにひびが入ったり、場合によっては出火したりする恐れがあるそうです


恐るべし! イエローサックスパイダー!!  (名前がカッコイイ



エンジンルームが暖かくて、居心地がよかったのでしょうかね?!



moblog_ec66e691.jpg


売り出し中!!

moblog_8e1a1a54.jpg

ワゴンR   36万円


★13年式  ワゴンR  FM ★
☆車検24年7月
☆走行76000Km
☆PS PW AC 純AW エアB

※ 写真うつりが悪いですが、色はゴールドです!



人気のワゴンRです!
お問い合わせお待ちしてます!





白バイ

moblog_3c1f7621.jpg

日本の白バイは、昭和11年に、それまでの「赤バイ」の色が白に塗り替えられて誕生しました


  ・・・えっ 「赤バイ」 初めて知りました 郵便やさんみたい!


「赤バイ」は、大正7年に警視庁で誕生し、車体が赤く塗られていたため「赤バイ」と呼ばれていたそうです



白バイの車体を白色にした理由は、ヨーロッパの各国やアメリカの白バイにならったもので、目立つ色であるからとされています


また、白は「平和と清潔」を表す色であり、白バイ隊員は交通事故のない、安全で快適な交通社会をつくるために活動する「平和の戦士」という意味で白色になったものともいわれています






moblog_fb0327ad.jpgmoblog_1bad0d6e.jpg
カッコイイですね!                





そしてこちら、白バイ隊員からいただきました~青キップというやつです・・・ (私ではありません
moblog_18b187e0.jpg
納車帰りに、松川あたりでやってしまいました





速度超過(何キロオーバーしたか)によって点数や反則金も違ってきますが


一般道路では、

15Km以上20Km未満・・・反則金 12000円

20Km以上25Km未満・・・15000円

25Km以上30Km未満・・・18000円

30Km以上50Km未満、50Km以上・・・簡易裁判所で罰金決定




ちなみに現在の市販車で最高速度記録を作り出した車は、アメリカの『アルティメットエアロ』で、なんと最高速度は434Km/h


moblog_7df59eb9.jpgmoblog_b4c516fb.jpg
moblog_d41e2b0a.jpgmoblog_c64178db.jpg






スピードの出し過ぎにはみなさんご注意を!!

水たまり走行は危険!

moblog_20146ec6.jpg

今日はずっと強い雨が降っていますね

こんな日は水たまりもたくさんできるので、水しぶきをあげて走ることになりますが・・・・

足回りがキレイになるかも?というのは間違いで、実はエンジントラブルのもとなのです



水たまりを走ると、跳ね上げた水しぶきがエンジンルーム内の電装部品や電装ケーブルにかかり、電流の漏れによりエンジンがかからなくなる場合があるのです



エンジンルーム内は水に非常に弱いので、乗用車では深さ30cm(乗用車のタイヤ約半分が浸かる深さ)の浸水路を30キロ以上で走行してる場合、エンジンが冠水する高さまで水位があがり、停止する恐れもあるので注意が必要です


また、ハイドロプレーニング現象もおこりやすくなり、ブレーキやハンドリングが効かなくなるので危険



始まったばかりの梅雨ですが、早く明けて欲しいです

カーズ2


moblog_46d1a7f1.jpg

今年の夏、『カーズ2』が公開されます


今回のストーリーは、世界を舞台に最強のレーサーを決めるワールド・グランプリ


その冒険の始まりは、なんと日本なんです


日本ならではの新キャラクター、ゲイシャ・カーや、スモウ・カーなども登場します


moblog_7dc49b68.jpg
オクニ(仮):マイクロカーの歌舞伎ダンサー



moblog_f253c796.jpg
キングピン・ノブナガ(仮):マイクロバンのプロの相撲取り



moblog_f43e7ad5.jpg
シュウ・トドロキ:日本を代表するル・モーター・プロトタイプのレーサー



7月30日(土)ロードショーです
プロフィール

CAR FACTORY SPICE

Author:CAR FACTORY SPICE
福島県福島市の中古車専門店
カーファクトリースパイス

アメリカ車をメインに販売、整備しています

〒960-8151
福島県福島市太平寺字一本柳73-1
024-529-7222

☆純正診断機 完備しています☆

car-spice@kif.biglobe.ne.jp

月別アーカイブ
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
QRコード
QR
リンク