福島の桜

福島の桜もあちこちで咲き始め、今週末あたりが見ごろとなっています

昨日のニュースでは立ち入り警戒区域の富岡町、夜の森公園の満開の桜のトンネルが映し出されていました。

moblog_8024496b.jpg

樹齢100年以上を越えるソメイヨシノを含めた約2.5Kmの桜並木、テレビを通した映像でしかみることのできない今年の桜ですが、来年は本物の桜が見れるようになるといいです。




福島オススメのお花見スポット


信夫山
moblog_79469275.jpg
桜祭りを開催して露天もたくさん並びます。ライトアップした夜桜も見ものです。公園内噴水周辺や護国神社には300本、山全体では2000本の桜が植栽されています。


花見山
moblog_2d88262a.jpg
山や周辺には桜の他にも桃や多種類の花々が咲き競い、まさに「桃源郷」です。
(今年は花木の養生のため山には入れませんが、周辺には花木畑の散策コースもあり充分楽しめます)




県内では


鶴ヶ城(会津若松市)
moblog_951b4fc7.jpg
公園内にはソメイヨシノを中心に、エドヒガシ、シダレザクラ、ヤマザクラが咲き乱れ、日本さくら名所百選にも選ばれています。


三春滝桜(三春町)
moblog_66fb1992.jpg
エドヒガシ系の紅しだれ桜で、国の天然記念物の指定を受けた名木で「日本三大桜」の一つです。





ぜひ福島県へお花見にお越し下さい

お車の方は、安全運転でお越し下さい
スポンサーサイト



空陸両用車?!

moblog_233229df.jpg
ベース価格 27万9000ドル(約2300万円)



先日、MINIの水陸両用車を紹介しましたが、同じくニューヨークモーターショー12で大注目だった“空飛ぶ車”『トランジション』


車と軽飛行機を合体させたトランジションは、車としての性能は最高速度105Km/h、全長は約2mで公道走行も可能、ガレージにもちゃんと収まります

moblog_3137cba4.jpgmoblog_e1a14777.jpg


軽飛行機への変身は簡単で、左右に跳ね上げられた翼をセットするだけの所要時間はわずか30秒


走行用エンジンが飛行機も兼ねていて、飛行速度は最高185Km/h、最大航続可能距離は約790Kmです


moblog_e909d793.jpg
すでに100台のオーダーを受け付けていているそうです






走行距離の境目

中古車の相場価格を左右する走行距離ですが、当然、低走行であるほうが需要が高く価格も上がってきます


その価格の境目が、走行5万kmと10万km。


その距離を超えているかいないかによって価格も大きく変わってきます




例えば普通車


走行10万kmと9万8000kmで走行距離の差、わずか2000kmでも、20~30万円前後も価格差がでてきます


あまり値落ちのしない軽自動車の場合でも、走行5万kmの大台に乗るか乗らないかでは10万円以上の価格差がでる場合も



距離が大台の手前のクルマを購入しても、購入後数ヵ月で大台に達してしまうことを考えると、大台わずか超えがお得です

MINIの水陸両用車?!

moblog_d3416514.jpg

ニューヨークモーターショーに姿を現した、MINIの水陸両用モデル『ヨットマン』

内容はシャークレジスタンス塗装や、標準装備されたカジキ用の竿、無料のフジツボ除去を含む3年間保障など・・・



MINI『クラブマン』や『カントリーマン(日本名クロスオーバー)』に続くニューモデルと思いきや、実はこれはエイプリルフール用に特別製作された1台




前のエイプリルフール企画では、こんなキャンピングカーも発表しています

moblog_883623cb.jpg

ジャガー E-type

イギリス発祥の高級車、イギリス王室御用達、『ジャガー』
moblog_4bf57ebd.jpg
60年代のクーペスタイルであるロングノーズショートデッキスタイルを確立させたE-type




先日、ジャガーの名義変更をしてきました

車台番号がなかなか見つからなくて確認がとれず・・・

moblog_3772703d.jpg

しかもオープンカーなのに雨もぱらついてきたり・・・


陸運局の駐車場でも一際目立ち、オジサン達に物珍しそうに囲まれてしまいました

VW up!

フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』

このup!を使ったユニークな実験映像がネットで公開され話題となっています


その内容は、2万個の風船を用意し実車のup!を空中に「アップ」させようという実験

車両重量が1tを切るup!ですが、果たしてそんなことが可能なのでしょうか??


moblog_cc9039a4.jpg



イベント当日にはスタッフ総がかりで、用意された白と青の2色の風船を8時間もの時間をかけ膨らませて装着


2万個の風船は幅15メートル、縦20メートルの巨大な塊になり、クルマが浮きかけるのですが・・・


が!しかしっっ!!


突然強風に見舞われ風船が飛ばされたりして、ベルリン空港のコントロールタワーから実験中止を要請されてしまったそうです



e燃費アワード11-12 軽自動車部門

続きまして軽自動車部門


e燃費アワード2011-2012 軽自動車部門ランキング


moblog_d29551eb.jpg

1位 ミライース  19.9km/ℓ
2位 アルトラパン  18.7km/ℓ
3位 アルト  18.6km/ℓ
4位 ムーブ・アイドリングストップ  17.8km/ℓ
5位 パレットSW  16.7km/ℓ
6位 ミラカスタム  16.6km/ℓ
7位 ワゴンR  16.5km/ℓ
8位 ムーブコンテ  15.6km/ℓ
9位 MRワゴン  15.5km/ℓ
10位 ゼスト  15.3km/ℓ


「第3のエコカー」として話題のダイハツ『ミライース』がスズキの上位独占状態だった軽自動車部門において新登場で1位となりました

e燃費アワード11-12 乗用車部門

給油量と走行距離を携帯電話から入力し、燃費をオンライン管理するサービスで、約40万ユーザーの燃費を車種ごとにまとめた平均値を『e燃費』と呼んでいますが、そのe燃費の1年間のランキングが発表されました




e燃費アワード2011-2012 乗用車部門ランキング
moblog_6c99f815.jpg

1位 プリウス  20.7km/ℓ
2位 レクサスCT   20.0km/ℓ
3位 インサイト  19.4km/ℓ
4位 フィット・ハイブリット  18.9km/ℓ
5位 プリウスα  18.4km/ℓ
6位 フィットシャトル・ハイブリット  18・1km/ℓ
7位 デミオSKYACTIV   17.6km/ℓ
8位 iQ  16.4km/ℓ
9位 CR-Z  16.3km/ℓ
10位 マーチ  15.8km/ℓ



結果は、乗用車部門ではプリウスが6年連続1位を獲得


1位から6位なではトヨタ、ホンダのハイブリット車が占め、ガソリン乗用車のマツダ デミオSKYACTIVが7位で、ハイブリッド以外の車としてトップの燃費を実現しました


プロフィール

CAR FACTORY SPICE

Author:CAR FACTORY SPICE
福島県福島市の中古車専門店
カーファクトリースパイス

アメリカ車をメインに販売、整備しています

〒960-8151
福島県福島市太平寺字一本柳73-1
024-529-7222

☆純正診断機 完備しています☆

car-spice@kif.biglobe.ne.jp

月別アーカイブ
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
QRコード
QR
リンク